ぶつぞうな日々 part III

大好きな仏像への思いを綴ります。知れば知るほど分からないことが増え、ますます仏像に魅了されていきます。

平安時代

【多摩の仏像】大塚の御手観音と都文化財の十一面観音(八王子市・清鏡寺)

大塚御手観音(八王子市・清鏡寺さま) ご本尊千手観音さま 十一面観音立像 不動明王さまの謎 拝観案内 大塚御手観音(八王子市・清鏡寺さま) 2011年の武相観音ご開帳のとき以来、二度目のお参りをしてきた。今回は副住職さまにご案内いただき、大きな金庫…

【大阪】特別公開・和光寺の仏像群~あみだが行けと言いました~

和光寺との出会い 和光寺の創建 和光寺のご本尊は善光寺式阿弥陀如来 地蔵菩薩立像 釈迦誕生図と釈迦涅槃図 感想 拝観案内 拝観寺院=大阪市西区・和光寺(浄土宗) 拝観日=2018年8月5日 拝観した仏像= 〇ご本尊 善光寺式阿弥陀如来(鎌倉時代)と両脇侍(…

【信濃仏】海岸寺(松本市)~ぶどう畑の中の千手観音立像~

旧海岸寺 拝観日=2018年6月17日 ○千手観音(県宝 159cm 桂 一木造り 平安中期) ※世話役さまから特別に写真撮影の許可をいただきました。(観音様から見おろされるこのアングルが最も気にいりました!) 海岸寺は、明治初年の廃仏毀釈の際に廃寺となったが…

【信濃仏】栂尾毘沙門堂~盗難を乗り越えた信仰篤い毘沙門天さま~

栂尾(つがのお)毘沙門堂(長野県北安曇野郡池田町広津) 拝観日=2018年6月17日 ○毘沙門天立像(県宝、112㎝、桧、一木造り、平安後期) 拝観予約 地図に載っていない! 篤い信仰の毘沙門天さま 彫像としての毘沙門天さま 2011年の盗難事件! 池田町の他の…

【信濃仏】覚音寺(大町)~「藤尾の観音さま」に家族の愛を想う~

藤尾山覚音寺(大町) 拝観日=2018年6月17日 ○千手観音菩薩立像(重文 168.2cm、桧材、寄木造、1179年造立) ○持国天(重文 161.5cm、桧、寄木造、1194年造立) ○多聞天(重文 157.6cm 桧、寄木造、1195年造立) (写真はお寺のリーフレットより) 藤尾の観…

東京都あきるの市・大悲願寺の伝阿弥陀如来と両脇侍像(重要文化財)

お参りした仏像: 大悲願寺の伝阿弥陀三尊(重要文化財)訪ねた日: 2018年4月22日(日) 写真はお寺のパンフレットより <大悲願寺とは?> 東京多摩西部、あきる野市の大悲願寺には、平安末期から鎌倉初期とみられる伝阿弥陀三尊像がおられ、毎年4月21日と…

伊豆の平安仏と"牧野仏"(龍音寺、国清寺、かんなみほとけの里)

1) 沼津市大平の龍音寺 2) 伊豆の国市 国清寺仏殿 3) 伊豆の国市 国清寺毘沙門堂の仁王像 4) 函南町 かんなみほとけの里美術館 4-1)阿弥陀如来坐像と観音勢至菩薩立像(実慶) 4-2) 薬師如来坐像(平安) 4-3) その他の仏像(牧野仏) (後日談)山本勉先生…

千葉県富津市 東明寺の薬師如来と十二神将

富津市 東明寺参拝日=2018年3月3日東明寺は718年の創建と伝わる。以前は海岸に位置して東足寺と称したが、1742年の大津波の後に現在地に移転したという。内房線上総湊駅から1キロほど。浦賀水道の向こうは三浦半島という地域に立つ、真言宗智山派のお寺で…

千葉市市原市・日光寺 桜の巨木の聖観音立像

千葉県市原市 日光寺 木造聖観音立像 県指定 像高3.32メートル 彫眼、桜、一木造。大きな内ぐりがあり、観音像の背面より覗くことができる。両腕は肩ではぎ付けし、左肘から先をさらにはぎ付ける。 発見当初は平安末期(12世紀後期)とされていたが、昭和61…

島根県出雲市・万福寺(大寺薬師)さま~展覧会の留守を守る四菩薩像と優しい世話役さま~

参拝記録2017年11月3日「島根の仏像」展に4時間半ほど滞在したあと、電車で東に移動し、出雲市・万福寺の大寺薬師収蔵庫へ。 展覧会には、この万福寺から重文の薬師如来坐像と四天王像がお出ましでした。スーパー戦隊ゴレンジャーのような迫力満点の5つのお…

豊橋の普門寺と八角裳懸座の阿弥陀さま

八角裳懸座(はっかくもかけざ)の阿弥陀さまを調べています。どこのお寺におられるのかご存知でしたら教えてください。<愛知県豊橋市・普門寺の阿弥陀如来坐像>八角裳懸座が気になったきっかけは、先週、愛知県豊橋の普門寺をお参りしたこと。普門寺の収…

2018年1月の仏像拝観リスト

2018年は都内の元旦仏からスタートし、そのまま鎌倉へ。宝戒寺の地蔵尊と梵天帝釈天さまにひたすら見とれました。川崎の影向寺では、収蔵庫の係のおじさまがおられず、心配しています。ここ数年、毎年お正月にお参りしているのですが、いつも同じおじさまが…

「仁和寺と御室派のみほとけ」展~優しい憤怒の降三世明王と深沙大将~

上野で開催中の仁和寺展では、福井県小浜市の明通寺さまから降三世明王立像と深沙大将立像がお出ましです。降三世明王立像 平安時代11世紀 252.4センチ、一木造り、重要文化財 (写真は明通寺さまのサイトより)深沙大将立像 平安時代11世紀 256.6センチ、一…

「仁和寺と御室派のみほとけ」展~ああ、千手観音さま!~

「仁和寺と御室派のみほとけ~天平と真言密教の名宝~」展(東京国立博物館)会期最初の土曜日となる1月20日に行ってきました。平安時代の仏像が多く出展されており、ゆっくりと拝観できました。 木彫の優しいみほとけを前にすると、自分の中の嫌な塊が溶け…

静岡市井川の中野観音堂~山里の観音さまたち~

(2015年9月に井川の中野観音堂を参拝したときの記録です) 静岡の山里にある小さなお堂で、こんなにも無垢な観音さまたちにお会いした。白洲正子が観音さまをたたえる言葉に「うぶ」という言葉がある。厨子が開かれた瞬間、その言葉が思い浮かんだ。夢中で…

2017年12月の仏像拝観リスト

ついに東大寺法華堂の執金剛神像にお会いできました! 12月16日の東大寺は、何かの魔法のように不思議な雰囲気が満ちていました。 その日の深夜、春日大社若宮さまの遷幸の儀を見てきました。すべての電気か消された夜は思ったより明るかった。若宮さまが渡…

法然上人二十五霊場を成満しました

2017. 10. 14の日記より法然上人二十五霊場をやっと成満しました。 安堵しております! 最後にお参りしたのが、比叡山黒谷の青龍寺でした。法然さまが18歳から43歳まで修行された聖地です。比叡山でもここまで来ると他に参拝者がおらず、ご住職としばらくお…

大船観音寺の木造聖観音菩薩立像

世田谷の元旦ご開帳のあと、さらに平安仏を拝もうと、鎌倉市の大船観音寺へ。大船駅から見える巨大な白衣観音様が有名な大船観音寺ですが、平安後期の美しい木造の観音さまもおられます。 白衣観音様のおられる場所から寺務所へ下る道の途中に、慈光堂という…

世田谷区の平安仏(宇奈根・観音寺の十一面観音立像)

新年あけましておめでとうございます。 元旦にご開帳となる都内の平安仏を拝んできました。世田谷区宇奈根の観音寺のご本尊十一面観音立像さまです。 (写真は世田谷区のサイトより。明古堂撮影)桧一木造り、像高95.6センチ。修復の手が多く入っているよう…

2017年7月仏像拝観記録

仏友さんたちと2日にわたり岐阜から静岡までただひたすら仏像を拝観しました。もうただただ楽しい! 薬王寺の圧倒的な仏像空間と正養寺の秘仏観音立像に完全に心を奪われました。玖延寺の薬師如来立像は不思議でした。 お寺さま、管理者の皆様、大変お世話に…

2017年6月の仏像拝観リスト

奈良の大和郡山で矢田寺と東明寺を拝観でき、感涙。矢田寺の地蔵縁起がたまらなく好き。東明寺の平安前期の薬師さまは力強い。調布の仏像巡りも楽しかった。西光寺の三十三身像は鎌倉の慶派を意識しているのが胸を打つ。常楽院の来迎阿弥陀三尊は美しく、半…

瑞林寺の康慶の地蔵菩薩坐像~運慶展にて親子対決!~

二度目の運慶展。 待ち時間なしと聞き、仕事終わりで駆けつけましたが、激混みでした。後期の展示替えの目玉は、静岡県富士市・瑞林寺の康慶作、地蔵菩薩坐像。数年前から予約拝観を受け付けておらず、年に1日ご開帳があるのみです。拝観が難しい仏像です。 …

2017年4月仏像拝観リスト

遅くなりましたが、今年4月の拝観記録です。 5月の連休で関西に行ったあと、携帯電話がお亡くなりになり、写真の多くを失ってしまいました。 その他の事情も重なり、大変遅くなりましたが、better than never かと思い掲載いたします。快慶展と負分如来さま…

「島根の仏像」展!!

古代出雲歴史博物館の「島根の仏像」展。このたった一枚の出展リストを見て、急きょ出雲に行くことにしました。 100%平安仏。その迫力に腰を抜かしました。会場に入るとまず、安来市・清水寺の十一面観音の檀像風の魅力にノックアウトされます。 そして、新…

長浜市、幸せの宝冠阿弥陀さま(伝聖観音さま♪)

【長浜市・竹蓮寺 宝冠阿弥陀如来坐像】この世は地獄だと言う人もいますが、幸せな場所も確かに存在します。 そんな幸せの場所をまた一つ発見しました。滋賀県長浜市高月町の竹蓮寺(ちくれんじ)です。高月駅から琵琶湖方面へ3.5キロ。西阿閉の集落の中に小…